あな番、タピる、サブスク…みなさん、ご存知ですか?




今年の「流行語大賞」の候補をみると、自分が、いかに流行に乗り遅れているか、知らしめさせられます。

リサ、ヒゲダン、キングヌー…NHK紅白歌合戦も、ますます知らない歌手が増えていきます。




いまの僕らは、インターネットで情報が瞬時に公開され、新しいものが次から次へと生み出されます。

日々の興味に尽きることのない、とても恵まれた時代に生きています。




しかし、周りの大人を見渡せば、どうでしょう。

いつもワクワクしている人よりも、なんとなく虚しそうにしている人の方が多いようにも感じます。




情報も食料も、これだけ恵まれているのに、なぜ、満たされないのでしょう。

それは、絶えず何かを外に求めているからではないか。流行りに興味を移り変わらされ、心が分散しているからではないか。

じっくり取り組むことができず、軸足が定まらないからではないか。




皆さんが稽古に励む書道には、厳しい面もあります。

心が散っていては、たった一本の線すら、まともに書けません。軸足が定まらないと、墨すら磨れません。

ただ、書道には厳しさがあるからこそ、心の集中を生み、軸足を安定させ、虚しさの渦から引き戻してくれるのです。




いまが先の見えない不確定で不安定な時代だとしても、何かに腰を据えて取り組んでみる。

情報に流されず、ひとつに魂を燃焼させてみる。そうやって、自分の「生」の素晴らしさを発見し続けていく。




そんな豊かな人生を歩むツールとして書道を活かしていただければ、幸甚の極みです。



                                                              書法道場師範 武田双鳳