2017年9月の稽古テーマ





「足で書くことが大切」と言われます。

文字は手で書くのに、なぜでしょう



ヒトの進化を辿ってみると、

前足を手として使えるようになったのは、

二本の足で立てるようになったからです。


直立歩行ができる丈夫で精密な足を獲得しなければ、

手書き文字を生み出すことは不可能だったでしょう。


「足を使わなくても書ける」と言われそうですが、

足を使わないと書き方に無理が生じます。


例えば、足を組んだ状態では、キレイに線は引けません。

骨盤を歪ませることで、カラダを痛めることにもなります。


手書きの美しさは、健全な足の使い方が育みます。

足を足らしく使うからこそ、手を手らしく使えるのです。


では、どうすれば「足らしく」使えるのでしょう。

私は、「つま先」にこそ、そのヒントがあると思います。


つま先から足を目覚めさせ、手の力を引き出す愉快さを。

自然界の異端児であるヒトの可能性の大きさを感じる機会を。


書を楽しみながら

みんなで分かち合っていきましょう。


書法道場師範 武田双鳳

  駅前&大津堅田駅前教室