アジア勢初の世界ランキング1位。
大坂なおみ選手、本当に素晴しい活躍です。



全豪オープン決勝では、マッチポイントを獲ってから歯車が狂い、
観客の声援には耳をふさぎ、ラケットをたたきつけて激高。
勝てるチャンスを逃してしまいます。


ところが、トイレ休憩後は、まるで別人に。
落ち着いた表情で淡々とポイントを重ね、ついに優勝を手にします。



いったい、トイレで何があったのでしょう。
大坂選手が口にしたのは「インナーピース」。
「それに達すると何にも気にならなくなり集中できる」と言います。



人間は、1日6万回思考し、そのうち80%がネガティブなものだと言われます。
思考は言葉であり、内なる声。
なんと1日4万5千回も、自分に対して「イヤだ」「ムリだ」といった声がけをしているというのです。



もちろん、ネガティブ思考は生きるためには必要です。
「こわい」と思えるから、危険を回避できます。


しかし、内なるネガティブの声が大きくなりすぎると、
カラダのバランスも崩れ、本来の能力が発揮できなくなったりします。



あの極限状態で大坂選手が示した「インナーピース」。
どれだけ、苛立ちの嵐が渦巻いているとしても、台風の目のように存在する安らぎの声に耳を澄ます。



澄んだ耳であるために、姿勢を整え、呼吸を深め、内なる声を書で表現する。
それぞれの「インナーピース」を引き出しあう稽古、この道場で続けていきたいと思います。



                                                              書法道場師範 武田双鳳