2017年11月の稽古テーマ





何かのための稽古だけではなく、

何のためでもない稽古もやってみよう。



どうなるか分からない。

何も起こらないかもしれない。


それでも、なんとなくでもいいから、

勇気をもってやってみる。



とにかく、気の向くままに

稽古をたのしんでみる。



たまには、「何かのため」という

今の自分が設定した枠組みを外そう。



今の自分では決して想定できない、

未知の自分の出会うチャンスが

訪れるかもしれません。



                               書法道場師範 武田双鳳